So-net無料ブログ作成
検索選択

乗鞍休暇 [自転車]

本日は 乗鞍休暇です。

といっても 昨日は どこでも雨、乗鞍は 土砂降りでした。

21kmのコースの大半が 水浸しではしれないので 7kmに短縮して開催。

しかも1時間おくれの8時20分スタート、一緒にいった仲間たちは DNSにしました。

私だけ走りましたが、宿から スタート地点まで 移動する間にも 大雨。

びしょびしょになりながら スタート。

多分 40分くらいでゴール。 降りてきて 9時20分くらい

宿で 多少 体を温めて 下山。

松本インター前の お蕎麦屋さんで 食事。

私は 松本駅まで送ってもらい 13時2分のスーパーあずさに乗り 自宅には 大体 4時45分着。

夜は 息子たちが 焼肉を食べたいということで 焼肉屋に外食しました。

なんか 電車でかえると 疲れないので 逆の意味で 充実した 1日でした。

本日は 朝から 自転車の分解整備。

砂とかが 入ったものを こぞぎ落としながら 各部分をチェックしていきました。

今回は 各パーツまで確認するために 全バラです。

カンパのクランク部分もばらして重量測定。

DSC02583.JPG

DSC02584.JPG

DSC02585.JPG

合計 699gでした。

これだと DURA-ACE 9000の BB込 683gのほうが わずかに軽いです。

そのほかにも

ペダルの PD-7850

DSC02592.JPG

これは 現行のカーボン型 PD-9000とほとんど 変わりません。

その他も いろいろ測定しましたが

変更するような 部品はありませんでした。

FD

DSC02588.JPG

RD

DSC02586.JPG

ブレーキ

DSC02590.JPG

RDは重いかもしれませんが このローノーマルは好きなのです。

フォークは アルミコラムのくせに 350gくらい

DSC02582.JPG

フレームは 約1Kgくらいと さすが TREKのトップグレード、買い替える部分がありませんね。

で 確認していると フロントホイールのタイヤがパンクしてました。

レース中は大丈夫だったので役目をおえたということでしょうか?

タイヤは 全て廃棄します。

フロントホイール重量は

DSC02593.JPG

ですので これも買い替え必要なし。

来年は おニューのタイヤでのレース参加になりそうです。

明日は乗鞍 [自転車]

あすは乗鞍レースの前日受付です。

しかし2日ともに雨の予報です。

特に 日曜日はかなりの雨みたいですが 走れるでしょうか?

2年連続で フルコースは走っていません。

ここのところ レースでタイムを狙える 体格ではないので 特に気にしません。

中止なら 友達と会える 温泉旅行だと思えばいいのです。

草津、美ヶ原、乗鞍は 結構中止を経験しています。

しかし 富士は なかなか中止はしていないので 優秀です。

では おやすみなさい。

自転車のコンポ部品

現在 自転車の部品のほとんどは シマノだと思います。

ロード、MTB実用車 すべて網羅しているでしょう。

ロードならば

DURA-ACE ⇒ アルテグラ ⇒ 105 ⇒ TIAGRA ⇒ SORA ⇒ CLARIS

MTBなら

XTR ⇒ XT ⇒ SAINT ⇒ DEORE ⇒ AVILIO ⇒ ACERA

と かなりの範囲から 選べます。

ただ 私は 安いコンポで我慢して グレードアップしていくという 流れは嫌いなので 

いきなりDURA-ACEを購入しました。(78系ですが)

で 最高グレードを購入すると 次回の購入が遅くなります。

ものは耐久性抜群なので 壊れないし なかなかへたりません。

次々と 79、90系がでても あまり差分が見いだせないので 踏ん切りがつきません。

だけど 購入しないと 経済が回りません。

齢50をこえた おじさんは 1秒をお金で買うのです。

ただ 私自身は DURA-ACEしか購入しないと 思いますが 他人には 最高グレードからの

購入は進めません。

大体 購入するものがないと 急速に 興味を失うからです。

逆に お金がなくて 購入できない場合も 購入意欲は 無くなります。

例えば オーディオなどは アンプ/スピーカーで 一つ100万円するものがあります。

だから ハイCPを掲げた 長岡鉄男にはまっていき、長岡さんが 死去すると 急速に興味が失せていった

のだと思います。

自動車は 家族のこと、車庫のことを考えると 今のスカイラインで十分。

購入するときは 奥さんに納得してもらうのが 一苦労?でした。

それに比べれば 自転車は コンポを最高級を使っているのに 飽きません。

これは 結局 部品ではなく エンジンとしての自分自身をきたえないといけないからだと思います。

お金をかけるのは 自分のからだなのですがね・・・・  

自転車の色 [自転車]

皆さんの自転車は どんな色でしょうか?

私の通勤車は 黄色です。

非常に珍しいと思いますが 自転車通勤のほとんどを この色で通してきました。

最大の効果は 自己防衛で 夜中のに一番目立つ色ということです。

この時期(夏)のジャージの色も 黄色、ヘルメットも黄色、手袋も黄色です。

正直なところ 後ろからみれば 

・手袋は見えない

・体は そのほとんどがディパックで隠れている

フレームは細くて目立たない

ということで見えるのは ヘルメットだけだと思います。

本日は帰りの通勤時に 他の自転車を注意してきましたが

そのほとんどは







のいずれかで 色物は 赤だけでした。

奇抜な色は 売れないのでしょう。

最近は 高級車も あまり色ものはありません。

カーボンであることを強調する黒が 現在の主流です。

私もレース用の自転車は黒(ラメ入り)ですが これは ある方から 譲ってもらったので 色は選べませんでした。

メーカーものはいままで 2種類購入しましたが BSアンカーRL8、TREK MADONE ともに黒でした。

オーダー車の3台は いずれも黄色です。

奇抜な色は 目立つので どうも盗難や いたずらに会うことが少ないように思います。

持って行っても 足が付きそうだし,第一 変な色は 売れません。

いまだに DOMANE ALRの購入に踏み切れないのも フレーム単体売りは 黒基調のみで 色が選べません。

軽いアルミフレームは へたるのが速いという 情報のせいもありますが・・・




自転車ホイールの話③ [自転車部品]

最近のホイールについて もう少し自分の意見を書きたいと思います。

フロントホイールに限定します。(これのほうがわかりやすいからですが)

いろいろホイールはありますが フロントホイールは

スポーク数が 大体16本のラジアル組です。

構成している部品は 

①ハブ
②スポーク
③ニップル
④リム

と単純です。

スポークは 最近エアロ形状がほとんどなのですが たとえば DTのAEROLITEで考えると

重量は 16本で80gくらいでしょう。

ニップルは アルミならば 16個で10g

ハブは 最近形状が 複雑になっているのですが 例えば

シマノ DURA-ACE 120g
カンパ レコード    116g           
FRM  FL-R      66g
TNI   エボライト   60g

があります。

で リムは各社各様ですが アルミなら

MAVIC OPENPRO 425gくらい

組み合わせると

575g~635g 位になります。

これを カーボンリム

ENVE SES2.2 281g

で組み合わせると

431g~491gになります。

余談ですが 富士レースの時 出店していた 4㎏台のロードやMTBがあって その説明をしてくれた

お兄さんは 最近のENVA(EDGE)は 重くなった。昔は 250g?台だったが 色々壊れるクレームの

せいで 年々おもくなって 今では 280gになっているとの お話でした。


例えば DURA-ACE WH-9000-C24を例にとると

カーボンリムのTUは 484gがカタログ重量
アルミリム  のCLは 578gがカタログ重量

そこそこ 最軽量パーツを組み合わせた カーボンのほうは 合っていると思います。
アルミの方は DURA-ACEのリムが カーボン補強型なので 大体390gになっているとすると
550g~615g が 組み合わせのレンジなので ほぼ中間になります。

シマノのホイールは ハブが重たいとの情報があるので ほぼ上限にくるはずなので

もっと リムが軽いかもしれません。

いずれにしても 約100gの差は 一番重要なリム重量です。

私は レース出走は ヒルクライムしかでないので カーボンしか選択するつもりはありませんが

練習なら アルミリムで十分。

完組のアルミは最近 ブレーキ面の処理を変えて ブレーキ性能をあげていますので

物欲を刺激されるのですが 今は不要です。

決して 性能がいいとか コストが優れているとはいいませんが 手組でも 完組に重量だけは勝てる

ホイールを組むことは フロントだけなら可能ということになります。

リアは 非対称リムなど メーカーしかできない内容が多いので 私には無理です。



カラス

私が住んでいるのは 神奈川県横浜市の 東戸塚近辺ですが

最近 夜も 朝も カラスの鳴き声が うるさいです。

子供夏休みになってから 特にひどくなった感じがします。

いままで 住処としていた 森とかが 伐採されたのでしょうか?

それとも 何かの天変地異の前触れか?

いずれにしても 気持ちのいいものではありませんね・・・

DCコン 治らず [ハブダイナモ]

ちょっと 確認してみましたが どうも最終段のTFTがおかしいようです。

解析している時間もないので 来週以降へお預けです。

CANNONDALE [自転車]

CANNONDALE という自転車メーカーがあります。

私が自転車道楽を再開したころは アルミ → カーボンへの移行期間だったので

アルミで一番だと思われる CANNONDALEは 結構勢いがありました。

一時期は ちょっと勢いがないなと思っていましたが 最近カーボンでもいい自転車が出てきているので

人気はあるようです。

カーボンは SUPERSIX EVO

c15_cm2129_02_rep_1_1409191914.jpg

これは とてつもなく軽いです。

アルミは 今年まで CAAD10

c15_cm2021_08_bla_3_1409191719.jpg

来年から CAAD12

C16_C13346M_PRM.png

に代わります。

アルミは いくら高性能でも カーボンがある限り 価格は高くは設定できないので お買い得だとは思います。

しかし 個人的には CANNONDALEの自転車は 購入したくない理由があります。

それが BB規格 クランクをつなぐ芯を従来の24mmから 30mmに変更した BB30です。

現時点では ほぼCANNONDALEしか採用していない規格です。

シマノも対応アダプタさえ用意していません。完全無視です。

実際 BB30は アスクル外形を30mmにしただけで BB幅は68mmと従来どうりで

シマノも対応している プレスフィット(BB86)や TREKのBB90に比較して 狭く

BBからよく異音がすると話題になります。

クランクも専用品しかありません。

シマノ、カンパが対応しないなら 私も無視ですね。

そういう意味では アルミロードなら TREK EMONDA ALR

Asset_325135.png

で決まりです。

色が 黒っぽいのや 赤、青しかないので すぐには 購入するわけではありませんが・・・

私は CANNONDALEが BB30やBB30Aにこだわっていると 会社の存続が危うくなってしまうと 考えています。

自転車ホイールについて [自転車部品]

昨日 タイヤの交換をしたとき タイヤを外した 前輪のホイールを持ち上げてみたとき

とても軽いことを 再認識しました。

レース用ホイールは WH-7801Cであることは 前にも書いています。

このホイールは セットで1300g位なので 現行品との重量差は わずかになります。

どうせ 最近のホイールの軽さは ハブ近辺で稼いでiいるのは 知っているので 購入意欲が わくはずがありません。

具体的には

①WH-7801時代のFハブ 
th2AKA2O89.jpg
ハブ側のニップルなので 結構図体がずん胴です。

②WH-7850時代のFハブ
th8XR86NGP.jpg
リム側ニップルに戻って 形状がスリム化しています。

③WH-7900時代のFハブ
thG6M8UD0R.jpg
これは 7850時代と同じ

④WH-9000時代のFハブ
thZDSLO0LT.jpg
スポークのヘッドを隠す めんどくさい構造をやめて さらに肉抜きを実施

カンパなどは ハブもカーボン化していますね。

しかし いくらハブを軽くして 全体の重量をさげても 回転する外周部が軽くなければ

高価は 半減以下です。

さらに WH-7800のリムは 300g以下ですので これも現行と変化無いようです。

これに軽くない チューブラータイヤ(本日の ミシュラン)をつけても 585gくらいでしょう。

これに対して アルミのリムは 約400g程度

ここに ミシュラン等の軽量タイヤ(165g)、ラテックスのチューブ(45g)を使っても

その重量は 610g位です。

チューブラーの軽いタイヤは 160gからあるので 下手すると タイヤ+リム+リムテープで 470g

どう考えても レースでは チューブラー有利であることは 否めません。

カーボンクリンチャーホイールも少しずつでてきていますが あまり軽くないです。

特に リムが熱や、ブレーキ面強度確保の関係で重く 450g程度になります。

(カンパ、MAVIC,ZIPPなどから 出ている)

私の結論としては

①レースシーンにおいては カーボンチューブラー(DISKレス)

②通勤/トレーニング 当では アルミクリンチャー(DISK)

だろうと思います。

②はバンク修理の容易さ、DISK化でリムを保護して 寿命を延ばす ことが可能

今後の展開としては

レースシーンでの DISK化による カーボンリムの軽量化(ブレーキ面を薄く出来る)が考えられますが

スポークが多くなるので 本当に軽くなるか微妙な感じです。


今回 パンクしたことで 来シーズンは 前後のタイヤを張り替えるので ホイールの再検討は 一時中止。

(多分 タイヤだけで 3万近く飛んでいく)

少なくとも 前輪は 買いたいと思いません。

後輪は 11sが 使いたくなったら変えようかな と思います。
(WH-7801は10s専用 アルミボディフリーなので 11sが使えない)

PIC DCコン不調 [ハブダイナモ用ライト]

PICのDCコンを仮で駆動させてみたのですが光りません。

調べてみると 入力部分はOKなのですが PICからの出力が出ていません。

PICプログラムの時は 出力は出ているのが確認できるようになっているので

回路の部分がおかしいと思われます。

明日 再度 確認したいと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。