So-net無料ブログ作成
検索選択

LED色温度による 照射イメージ写真 [ハブダイナモ用ライト]

本日も自転車通勤

帰りも 早かったので 照射写真が撮れました。

早速比較です

①約4500K
DSC02491.JPG
②約 5700~6000K
DSC02493.JPG
③約6500~7000K
DSC02492.JPG
④E3 TRIPLE2
DSC02494.JPG

4500Kと6000K はそれほど 差分がないように見えます。

6500Kは写真では 青いですね。

中央部のスポットは 色温度が大きくなるごとに 黄色→青へ変化しているようです。

E3は比較すると スポット気味です。但し きれいな白に見えます。

個人的には やはり 6500Kですかね。

不思議なもので 使い始めは なんかきれいに光がでないことが多いので

5700~6000Kのライトも 1週間は使ってみます。

こんな単純な回路でも エージング効果があるのでしょうか?

オーディオ(スピーカ)について [趣味]

私は 自転車にはまる前(というか再開する前)はオーディオが一番の趣味でした。

高校時代 2年生の時 クラスで一緒になった 友人の影響が大きかったです。

その頃は オーディ最盛期で 近くのダイエーの2階のフロアの1/4くらいは オーディオ関係の売り場でした。

まだ オープンリールのデッキがあったころです。

確か メタルテープかクロムテープが オープンリール用として 発売されたころです。

ハマヤ電気等の オーディオ専門店が 近くの駅にもありました。

すぐに 大学受験だったので オーディオはお休み。

受験が終わって 入学した時に買った STEREOという雑誌の記事に「プロの音だし術」という特集があって

ちょうど 長岡先生の会だったのです。

もし その時の特集がなかったら その後 長岡先生の信者になることもなかったのかもしれません。

大学に入って 夏休みにバイトして コンポをそろえました。

CDは まだ出ていなかったので 当然 アナログプレーヤ、カートリッジ、アンプを購入。

でもスピーカは 一貫して自作です。

前記のとうり これは 長岡先生の影響大でしょう。

最初の自作は 長岡先生のD-50でした。

PICT0629.jpg

それに使ったユニットは FE-206∑

wakkys2001-img600x450-1434848090bc1m0g13881.jpg

これで 大学2年間を過ごしていましたが  別冊FMfan に衝撃的な発表がありました。

それが D-101 スワンです。

2013042709480001.jpg

ユニットは FE-106Σ

a.jpg

これの設計図は 大学の図書館で コピーさせてもらったのを よく覚えています。

このスワンは かなり長く使いました。

その後 会社に入って 仕事が忙しくなり さらに パソコン/パソコンゲーム/スーファミ等のゲーム

、同人誌等に時間を割くようになり しばらくは 自転車もオーディオもお休み。


そのうち 長岡鉄男先生が「方舟」 を 完成させて「VA」という フレーズで オーディオビジュアル関係を

積極的に活動していきます。

その 方舟の作成記録をまとめた 以下の本を読み漁り  自分も 30代で 一軒家を購入しました。

51SFlBuiibL__SL500_SX343_BO1,204,203,200_.jpg

ここで 新たに スピーカ作成

本に載っていた F-3000 ネッシー を 天井の高さに合わせて 2.5mm 全面開口にしたものを作成

nessie_mk3_01.jpg

ユニットは FE-208S

img_0.jpg

その後 FE-208ES へ変更しました。

fe208es1.jpg

このユニットの磁気回路が特殊で 2枚の磁石のNS極を反対に向けた 反発磁気回路です。

fe208es2.jpg

この磁気回路は このユニットにしか採用されていないと思います

この間に スワンは スーパースワンに変更

ユニットは 

FE-108S

RIMG4309.jpg

長岡先生が亡くなった後に出た FE-108ESⅡ スワンの進化はここで STOP

FE108ES2.jpg

私は スワン系も ネッシーも D-50系も好きです。

そして やはり FOSTEXのFE系の音が好きなようです。

最近 また 何かスピーカを作りたいな と思うことがあります。

家族のこと、家のことを考えると あまり大きなものは作れないので 8~10cmの大きさでしょう。

理想的には FE-83の磁気回路を 反発磁気回路にしたユニットが欲しいです。

この前 FF-85WKの音を 視聴室で確認しましたが ちょっとぼけているようなかんじでした。



いますべてのスピーカーは 歩いて5分の親父の家にあります。

時々 顔をだしたら 聞いてきますが シリコンオーディオ(iPOD等)に慣れた耳には いつも新鮮に聞こえます。


新ライト(色温度 5700K?)完成 [ハブダイナモ用ライト]

今週の火曜日にはヤフオク ZACO_MEGANEさんから購入したLEDは届いていました。

本日 そのLEDを使って ライトを組み立てました。

LEDはこんな梱包で 送付してきます。

DSC02469.JPG

ぷちぷちを開くと

DSC02470.JPG

こんな感じ

LED.jpg

LEDは基板に取り付けられ レンズには LEDは入っていたカバーがかかっています。

lled2.jpg

LEDはきれいに取り付けられる。

led3.jpg

それを この台座に取り付けます

led4.jpg

新しい Duty30%の基板

led5.jpg

裏は 部品が6個取付られています

led6.jpg

LEDに半田つけ シリコングリスを塗って台座に組み立てます

led7.jpg

で 組み立てて完成です

led8.jpg

これで 来週前半に 照射写真を撮りたいと思います。

LED自体は それほど 黄色くないので 4500Kに比べれば それほど黄色くないと思われます。


HONDA S660 [自動車]

本日は 自転車通勤できました。

朝は 暑くて 途中で気持ち悪くなりかけたので 無理をせずゆっくり走りました。

で 今朝 HONDAのS660を 2台見かけました。

1台は 途中のHONDAディラーに1台 黄色いS660、もう一台は 赤いS660でした。

img_235621b760c24f9fc80fd741568833f1274019.jpg

image.jpg

どちらも好きな色ですが やはり膨張色の黄色が 存在感が違います。

一回り大きく見えました。

いままで ディラーに入っていたのを見たのは 1回だけでした。

帰りも ディラーには止めてあったので 試乗車を回す 余裕はできてきたのかもしれません。

HONDAは ここ最近続いた リコールで 国内販売が不振で 大量の在庫が 野ざらしになっていると

週間誌に載ってました。

S660を作る余力はいくらでもありそうですね。

といっても FITほど 売れる車ではありませんが。 

3連休 [趣味]

3連休は 皆さん どうだったでしょうか?

個人的には 結構充実していました。

土曜日は 娘のダンス発表会→昼食→本屋→娘のゲーセン→自分の散髪 で1日終わり

日曜日は

午前中は 通勤車の洗車。

どちらかというと チェーンの洗浄が主で 洗車はおまけ。

自動車と同じで 自転車も洗車するたびに 傷が入っていくように感じます。

私は 自動車は購入依頼 13年間 自分で洗車したのは 数回です。

あとは 点検の時に ディーラーで手洗い洗車してもらっているだけ。
 
午後は 久々に関内のタック電子に行って IC-288という紙フェノールのユニバーサル基板と

8pinICソケットを買って そのあと 桜木町のYsへ行って この前も書いた 

TREKのEmonda ALRを確認してきました。

Asset_325135.png

やっぱり いい感じですね。

そばには MADONE、EMONDA SL4、DOMANE などがありました。

個人的には TREKのダウンチューブの太さが好きなのですが MADONEやDOMANE

に比べて EMONDAのダウンチューブ(特にBB付近)は ちょっと細い感じです。

BB規格のちがいでしょうか?

で本日 月曜日

午前中は 色温度 5700~6000KのLEDをZAKO MEGANEさんに頼んでいるので

それに合わせてDCコンバータを再作成。

やはり DUTY30%固定品は 問題なく組めますね。

すぐに 動作確認完了です。

明日以降 LEDが来たら 3種類(4500K,5700K,6500Kの色温度)の比較ができるでしょう。

そのあと 通勤車のホイールの振れ取りです。

しばらくぶりなので ちょっと振れているようですが それでも 1Hもかからないで 前後振取り完了。

やはり こいつの効果は絶大ですね。

DSC02452.JPG

結構 充実していました。

本当は 3」連休/家族でどこかいくのが ふつうなのかもしれませんが 

長男、次男の部活で 娘と奥さんの 3人でしか出かけられないので ちょっと後ろめたくて

夏休みも 予定がありません。

中学、小学生子供は もう夏休みに入っていますが お父さん は 明日からまた会社です。

ずっと子供がいるので 奥さんが 疲れるのが予測できます。

雨 と 自転車通勤 [通勤]

今週も雨で 自転車通勤は3日間だけでした。

でも実際には 2日分。

実は 月曜日の帰りに自転車に乗ろうとしたら 後輪がパンクしていました。

というか 破裂してチューブがズタズタです。

これでは 修理できないので その日は電車で帰って 替えのチューブを次の日もっていって 事なきを得ました。

前日の日曜日 空気を入れたときに 全然 空気圧が減っていないので ? と思っていましたが

どうも空気を入れすぎたようです。

月曜日は かなり暑くなって しかも 晴れていたので 直射日光でもあたって 膨張したのでしょう。

ただ ちょっと異常な破れ方をしていたので チューブの初期不良かもしれません。

私は タイヤを変えるときは チューブとリムテープを同時に変えます。

今回のPRO4 28Cに変えるときは AMAZONでシュワルベのリムテープとチューブを購入して変えました。

このチューブに 初期不良が混じっていたようです。

久しぶりのパンクは 結構 新鮮でした。

Duty 30%固定ライト 再確認 [ハブダイナモ用ライト]

昨日の夜は 自転車で帰ってきました。

DUty30%のライトの印象が少し変わりました。

一番印象的だったのは いままでのDUTY可変回路は 10Kmくらいまでを DUTY 50%とか 70%に

していましたが ひどい ちらつきが発生していました。

Duty30%のライトは 起動は少しおそいのですが その分 ちらつきがあまり見えないで 光り始めます。

もしかしたら これのほうが 一般受けするかもしれません。

走り出せば すぐに15Km/h~25Km/hになるので 明るくなります。

ただそれ以上のスピードを出しても 明るくならないのは 特性上どうしようもありません。

DCコンバータが非常に不安定なので 改良実験はしようと思います。

WH-RS21の調整 [自転車部品]

先週日曜日に発注していた スポーク(302mm)とニップルが届きました。

DSC02445.JPG

早速 ホイールのニップルを緩めて スポークの比較をしました。

DSC02447.JPG

DSC02446.JPG

上が 標準についてきたもの

下が 新規に購入した 302mm

きちんと短くなっているようです。

今回は フリー側だけを入れ替えましたが 組み終わった後確認すると 若干 エアロ具合が弱いようです。

ニップルはこんな感じ

nipple.jpg

古いニップルは機械で組み込むためか かなり傷が入っていました。

とにかく 10本交換したあと 調整。

今度は ニップルから スポークの頭が飛び出すこともなく 上下 左右とも 約±0.1mm以内に調整できました。

しかし 調整は これがないと 大変だったでしょう。

DSC02452.JPG

これにしてから すさまじいスピードで調整が完了します。

とくに ゲージはもう手放せません。

とにかく世の中のWH-RS21よりも かなり高価になってしまいました。

リアギャの段数について [自転車部品]

ロード、MTBの高級車は リアの段数が11段になっています。

MTBは11Sからフロントシングルギャが選べるようになりました。

ロードは重量の関係からか リア11s、フロントシングルは カンパもシマノも提案していません。

おそらく 12sも出るのかもしれませんが 個人的には 12sでもフロントシングルは無理。

ギャ比 最大4:1から 1.2:1くらいまで 0.2ステップぐらいで可変してほしいので

15段必要になります。

エンド幅、チェーンラインの関係から 15段は 非現実的です。

よって ロードのフロント 2段はしばらく続くとは思います。

MTBの電動XTRは 変速装置が右側のスイッチだけで フロントリアを計算して 両方ともに切り替えてくれます。

これは理想系ですが フロントを 勝手にチェンジされるのは 気持ち悪いです。

どう考えても フロントの変速性能 は リアの変速性能に勝てないので タイムラグが出るでしょう。

一時シマノが作っていた 内装+外装のリアチェンジ機能で 全て全自動で変速してくれて

重量も軽い高級品が出てほしいです。

これも夢物語でしょうが・・・・

Duty 30%固定ライトの確認 [ハブダイナモ用ライト]

本日 久しぶりの 自転車通勤です。(約 2週間ぶり)

帰りも 雨が上がったので Duty30%固定ライトの確認を行いました。

結論として

①一定走行中のちらつきはない。

②段差等で 微妙に走行速度が変った時も ちらつくことはない

ただし

③明るさは若干くらくなったと感じる

④起動は確実に遅くなった

Duty可変回路は まだ調整が必要なようです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。