So-net無料ブログ作成
検索選択

DP-3000 ターンテーブルアンプについて [オーディオ]

一昨日の書き込みで オーディオ関係のものは すべてこちらに持ってくると記載しましたが
ターンテーブル関係は 持ってきませんでした。
アナログディスク等の復権というのは 中国では関係ないのと 搬送して精密なターンテーブルに
不具合が発生するのが怖かったからです。

実はSP-10アンプもDP-3000アンプも若干の不具合を抱えていました。

SP-10のほうは 停止状態から回転数指定のスイッチを入れても動き出さないという不具合です。
これは 追加の起動回路を加算アンプの前に入れることで解決しましたが 
制御部を DP-3000の回路構成でスイッチではなくロジックで切り替えるものに変更しており
さらに設計編での回路を参照したことが原因だと思っています。
DP-3000のアンプは 作成編で制御部の回転数切り替え回路が 若干変更されているのです。

DP-3000アンプは はじめCD4059の動作不具合がありましたが 水晶を2MHzにして発振
回路はきちんと動作しているのに やはりCD4059が動作しない時がありました。
個人的には ±5Vのレギュレータに簡易型(1段型)を使ったのが原因で ノイズが混入しているか、どちらかの立ち上がりが遅いので 動作がうまくいっていいないのかもしれません。
ここら辺は 記事どうりに差動型で作ったほうが良いと思います。

あと不具合ではないのですが 私は電源ONのLEDランプに使う電源を+130Vから使っていますが ターンテーブルを起動するとき大振幅になって 大電流が流れるせいか 一瞬電圧ドロップが
起きてLEDが暗くなります。
これは +5V等 あまり変動しない電源からとったほうが精神安定上は良さそうです。
ここら辺は 日本に帰国したときにしか 修正できませんので 結果は半年後でしょうが
作成の手助けになれば幸いです。

あと2か月は趣味の道具は来ないし、中国の手続きでパスポートは引き上げられているので
移動もできないので このように妄想の内容が多くなります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。